忍者ブログ
ここではGメンが独断と偏見で釣りの理論、釣具について思うことなど釣りに関することを書いていきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日ついに私もベイトフィネス用にリールを購入しました。
買ったリールはアルデバランMg7L。これに夢屋のスプールとヘッジホッグスタジオの1030AIRという小口径のスプール軸受ベアリングを搭載したものです。

ここで自分はなぜアルデバランのこのセッティングにしたのかを書きたいと思います。
※あくまで個人的な判断なのであまり参考にはならないことが多いと思います+竿のことは抜きで考えました

マグと遠心それぞれにメリットデメリットがあって、マグならメリットはトラブルレス&キャストしやすいこととブレーキがスプールに直接付いているわけではないので遠心よりもスプール重量は軽い、デメリットはキャスト時の伸びが少ない=低弾道でカバーの奥まで入っていきにくい。
遠心なら、メッリットは低弾道で伸びのあるキャストができることデメリットはブレーキセッティングピーキーで慣れないとトラブル多し、さらにシマノならsvsがスプールに直接着く分マグとはちがいスプール重量にその重さ(約1.6g)が追加されることが考えられるとおもいます。

まぁこの辺のことはよく雑誌とかに書いてあるんでいいんですが、実際投げてみないとわからないんで様々な方にタックルをお借りしたりしてアルファスフィネス 純正、KTFレボ オーロラフィネス、KTFレボ SX フィネス、PX68純正スプール,レボ LTX スーパーシャロースプール装着、アルデバラン 夢屋スプール装着、等を投げ比べてから購入をかんがえました。
投げた感じアルファスフィネスは正直に言ってしまうと…ちょっとこれは自分はつかえないなと思いました。とにかく軽いものは投げられるが低弾道でルアーが飛ばない。かなり浮き上がりまます。あとはセッティング次第なんだろうか。
                                                                           KTFのレボSXは(周に借りた)初めて投げたときは感動しました。軽いものが低い弾道でよく飛ぶし、なによりブレーキをきつめにセッティングしてもよく飛んで全然トラブルがないのに驚いた。ちょっと重いが値段を考えればそれ以上の仕上がりだと思う。
                                                                           KTFオーロラフィネス。これ最高。サイドはもちろんピッチングでも簡単にスキッピングできる。ほとんどバックラッシュすることがない。軽い。スーパーハイギアはたしかに手返しが速いが自分にはここまでのハイギアは必要ないと感じた(あるならあったでいいけど絶対必要ではない感じ)。一度手にしたら他のリールが使いたくなくなる。ただ他のKTFもそうだが、入手困難+高くて買えない。
                                                                           PX68とLTXはKTFをなしとするなら一番軽いものを投げやすい(オーバーorサイドキャストなら)気がする。セッティングにもよるがLTXのほうが軽いものは飛ばせる。一番コストパフォーマンスが高いのはLTXかKTFのSX。低弾道の伸びはどちらもマグネットブレーキのせいかあまりよくない。PX68はスプールを交換すればよくなると思う。LTXはピッチングするとなぜかほんのちょっと浮き上がってしまう(多分自分が下手だから)。

最後にアルデバランに夢屋スプール。これはつい最近投げさせてもらって、これをなげさせてもらうまではLTXを買うつもりだった。最初はブレーキをきつめにして投げたらほかのマグのベイトフィネスリールと変わらない感じだったが、そのちょっと前にバイト先の常連のお客様に教わったエンシンブレーキ1個のメカニカルブレーキをスプールがカタカタいうくらいまで緩めたセッティングにしてロッドの握りをワンフィンガーからスリーフィンガーにし、サミングの仕方をとある方法に変え、遠心力を意識してキャストのフィニッシュを手首を固定してぶれないことを意識して投げるようにしたら、いままで投げたどのリールよりも低弾道でものすごく伸びのあるキャストが出来た。(ただキャストがきまるのは3回に一回ほど。気を抜くと大バックラッシュのリスクありだが)。ピッチングでのキャストフィールは一番。サイドとオーバーなら他のリールのほうがトラブルレスでいいと思う。

結論
○結局は遠心力ブレーキが好きだからwww。今までずっと遠心のベイトを使ってきてこの前はじめてマグのリールを買って使ってみたがマグの常に一定にかかるブレーキがなにかつまるような感じをうけて使っててゆるせなかった。重いものを投げる場合はそこまでつまる感じを受けないのでよりトラブルレスなマグのほうがいいのかな?

○コストパフォーマンスと使いやすさを考えたらKTFのレボSXかLTXを他の人には一番にまずオススメする。やっぱ理想はKTFのフィネス・スーパーハイギアモデル!手に入るならこれが一番。それと実は投げたことないのでわからないがメタマグに夢屋のスプールの相性が抜群にいいらしく遠心でもかなり扱い易いのだとか。(某Sプロ談)34mmというスプール径にキモがあるらしい。個人的にメタマグは見た目が好きじゃない。

○ベイトフィネスがどのような釣りかを自分の中で定義する必要があると思った。ベイトフィネスが話題になってから1年ぐらい経つが様々なプロが違った定義をしているので、まずこれを決めることからじゃないとタックルをえらべないと思う。(特に竿、てかどの道具にも共通することだけど)自分は今回のベイトフィネスのタックルを今使っているスピニングではとれないようなカバーからライトリグを用いて取れるタックルと定義したうえで、今使っているスピニングがDeezなのでちょっとしたカバーならスピニングで間に合ってしまう。→より濃いカーバーから魚取りたい。→よりカバーのおくに入れる必要がある。→多少トラブルが多くてもより低弾道で伸びがある遠心ブレーキのリールがカバーのおくに入れるのには必要。と考えて遠心ブレーキにしようと考えた。例えばそこまで濃いカバーをうつのでなく(アシとか)手返しを重視するならマグの方がトラブルレスでいいかもしれないしギア比もより高いLTXとかのほうがいいかもしれない。今まではリールを選ぶのにロッド選ぶようここまでは考えてこなっかたがベイトフィネスに関してはリールの重要度が非常に大きいのでかなり迷った。あとは要キャスト練習。

今回は道具選びについて書きましたが、結局はその人の好みによることころが一番だし、竿との相性もあるとおもうんでここで書いたのはただの自分の考えをまとめるオナニー文章になっちゃいました

釣りしてるときはもちろん楽しいけど道具選びとそれについての会話もかなりたのしいですよね。これも釣りの醍醐味かな?



                                                                                                                                 
PR
 どうも、ただいま自宅療養中の川田です。
今回はルアーのカラー選択について語ろうかと思ったんです、あえてピンポイントに絞ってラメ(フレーク)についての分析と使い分けについて語ります。あくまで自分基準で独断で決めてるんであんまり参考にはならないとはおもいますが…
今回はかなりの長文になったんで、結論だけ見るほうがいいかも。とゆうかかなり時間かかったんでそこだけでも見てほしいです

 最初にラメ(フレーク)の使い分けを意識しだしたのは管釣りを始めたばかりの中学生の頃、浅いレンジでは赤ラメ、深いレンジでは青ラメがいいと教わったのがきっかけでした。確かに当時は理由とかはわからないけど教わった通りにカラーローテにラメの使い分けを取り入れたら、ちゃんと結果が出たんで驚いたのをおぼえてます。
それを踏まえて今回特に語りたいのはワームのフレークの使い分け。ワームのフレークってブラック、ブルー、レッド、パープル、グリーン、シルバー、ゴールドとなんかたくさんあります。人気のあるカラーだと同じ色でもフレークの色だけ違って何パターンかに分かれてる場合とかもあって選ぶのも難しかったりします。そこでなにか色を選ぶ基準は作れないかと思いちょっとした実験をしてみました。

実験1「光にかざしてみる」
この単純なことのどこが実験なんだよとつっこまれそうですが、これだけのことでもわかることはあります。
今回はバイト中の合間をみてゲーリーのワームで透ける色(ウォーターメロンとか)のフレークの入ったのを光にかざして輝き具合を目で観察して見ました。(*決してバイトをさぼっているわけではありませんよ~、あははは…)
まずはブラック
うーん、黒い!輝かない!
ブルー
全然輝かない。とゆうか光が強いと見えなくなる。
レッド
色もはっきり出てちゃんと輝いてる。
グリーン
色ははっきり出ないが見てわかる。輝きは微妙。
ゴールド
たぶん一番色が出て輝いてた。ちょっと動かしたときの明滅がすごい。うー、綺羅星!!
シルバー
これも、光が強いと見えなくなる。ただ光を当てた時と当てないときの明滅の差がおおきい。
ってな感じですただこれだけじゃわかんないんで

実験2「濁った水槽にワームを入れる」
これはわざわざ庭から土を持ってき水槽に入れ水を注いでかき混ぜて濁らせました。ちょっと釣り吉(吉はきちがいのきち)なとこがでてしまいましたが、結構びっくりな結果が出ましたよ。
ブッラク
相も変わらず黒い!輝くどころかなんかもう君のことが見えないよ。当たり前か…
レッド
色もあまり出ないし、輝きも微妙。
ブルー
ここでまさかのブルーの台頭。なんかすごいやらしくきれいに輝いてます。
グリーン
これもけっこう色も出て輝いてた。
ゴールド
輝き微妙。明滅はしっかり出てる
シルバー
ゴールドよりは輝いて色も出てる。明滅も健在。

結果としては
1の輝きの強さ
ゴールド>レッド>シルバー>グリーン>ブルー>ブラック
2の輝きの強さ
ブルー>グリーン>シルバー>レッド>ゴールド>ブラック
なんかこれって物理の色の波長の長さがどうのこうのとか光量が少ないとどの波長が届かないとかでわかりそうなことなんですが、自分は物理がわかんないんで、ちょっと小学生みたいな実験して確かめました
これまでの結果を踏まえて書く色の使い分けを書くと、
ブラック
黒は以外と自然界にはあまりない色(溶岩帯とかウニとかあるけど…)で、魚に違和感とゆうかその色を持つ物の存在を強調する色だと思っているので、ブッラクフレークはワームの存在感を強めるためのものかななんて思ってます。その証拠では全くないですけど、ブラックフレークは多分ワームに一番使われているフレークだとおもいます。なんで自分の中で黒は派手な色とはまた違った存在感の強い色で、よく釣れるけどスレやすいとかいったそんなイメージです。
レッド
レッドフレークは光量の多いところでよく輝くので、シチュエーションとしてはちょっと濁ったところの水深が3mより浅いとこなんかで使います。クリアな水でもよく輝くんですが、なんか見切られそうなイメージがあるのであんま使ってません。
ブルー
一番大好きなフレーク。とりあえずいつもこれの入った色から買っちゃいます(ブラックブルーフレークとか)。使うシチュエーションは光量の少ない所でよく輝くんで5m以上のディープとけっこう濁ってるとき、もしくはボトムで誘うときはボトムに合わせた色(グリパン等:とある青い人のDVDより)を使うんですけどそこででちょっと目立たせて早く気づかせたいななんてときにブルーフレークの入った色を使います。
グリーン
光量が多くても少なからず輝くし、少なくてもまあまあ輝くんでなにかと万能。とゆうわけでフォール、ミドスト、ボトムズル引きなどとレンジとわず使い道の多いスモラバのスカートはこのグリーンフレークの入ったものを使って作ることが多いです。あとなるべくトレーラーとスカートの色は合わせたいんでよくトレーラーとして使うワームもグリーンフレークの入ったものを使っています。
シルバー&ゴールド
この二つの特徴はとにかく明滅効果が大きいこと。それがベイトフィッシュの鱗の輝きに似てることからボイルがおきてたり、魚探にベイトの群れが映ってたりするときに使います。明滅を生かすためにトゥイッチ入れたり、ミドストなんかも有効?かなと。あとはこれではまだ一匹しか魚を釣ったことがなくて確証はないんですが、シーバスの明暗狙いみたいにシェードにルアーを入れてシェードからルアーが出て光が当たる瞬間にもしその前に魚が追いかけてたらバイトを誘発できるのではとか思ってます。要はシェード側に入れてただ巻きしてただけなんですけどこれを意図的にできたらいいかなと。シルバーのほうがよく使う。とゆうかゴールドフレークってあんまりない…

ここまでだいぶ長くなりましたが、正直、自分の好きな色がその人にとって一番釣れる色だと思います。好きな色って使用頻度も高いし自然とその色で釣れる数も多くなるし。じゃあ今までの解説はなに?全否定?ってなりますが、まあそこまで色選びにシビアにならなくても魚は釣れると思うし。ただ一番言いたかったのは自分としてはこうやって自分なりのルールなりパターンを作っておいてこれがハマったたときがたまらなく快感なんでちょっとシビアにルールづけしてるってことです。これも釣りのひとつの醍醐味ですよね。

もしこれについて俺の考えはこうだとか、それはおかしくないかとかあったらぜひコメントで教えてください

長文、駄文失礼しました。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[12/08 Kusuda]
[12/04 nishiwaki]
[12/01 オカモト@iphone4S]
[11/15 オカモト]
[08/14 オカモト@携帯]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]