忍者ブログ
ここではGメンが独断と偏見で釣りの理論、釣具について思うことなど釣りに関することを書いていきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。西脇ッス。

今回、初哲学かもしれません。今後はちょこちょこ書いていきたいと思います。

代表のタイキが素晴らしい哲学をかいてくれました。
読んでいてそうだなぁ。うん、うん。と思いながらよんでいました。

しかし、釣りというものは人それぞれ。
タイキはベイトタックルが大好き。しかし私はスピニングが大好きです。
なので釣りに対しては自然に考え方が違ってきます。
このままでは全国のスピニングに燃えている人に怒られてしまいます。

「このサークルはどんだけベイト押しなんだよ!」的な勝手なイメージです。

まず、ベイトもスピニングもそれぞれ特性を持っています。スピニングはキャスティングの際のライントラブル(バックラッシュ等)が少ないので初心者の人がまず使うリールでしょう。軽いルアーをキャストしやすいです。

逆にベイトはライントラブルもあるし、サミング等がスピニングよりシビアに行わなければいけないリールです。しかし慣れてくると、ものすごくパワーがあるので使いやすく、釣りの幅が広くなります。主にハードルアーが多いです。

実際、私はものすごくベイトを扱うのが下手です。スーパーへたっぴです。それはあまり使ってないからでしょう。これはバス釣りをする上でいいことではないです。なので今後の大きな課題でもあります。いつかベイトを自分の手足のように使いこなしたいと思います。

スピニングは初心者でも使える。だから簡単。というのは大きな間違いだと思います。これは本当に私の独断と偏見なんですが、ベイト好きの人にはスピニングを軽視している人が多いような気がします。私から言わしてみれば、それは大きな間違いな気がします。スピニングは基本的ななキャスティングなどは簡単だとは思いますが、ルアー操作などはベイトより難しいのでないでしょうか?

ワームやスモラバなどのライトリグはルアー操作が釣果にもろにでます。これはものすごく深いです。深すぎて私にはいつ底が見え始めるのかわかりません。それこそがおもしろさでもあると思います。
たまに、ワームで釣ってもおもしろくないんじゃないのって言う人がいます。あとはエサみたいじゃんとか。
はっきり行ってなにも分かっていないですね。そうい人は。私から言わせてみれば「何を言っているんだコイツ」と思います。ワームで釣るのが簡単だとでもいいたい感じですが、確かにワームは釣りやすいかもしれませんがそれはワームの性能のおかげだけでなく釣り人の技量もプラスされて初めてコンスタントにどんな状況でも釣れるんだと思います。
さらにエサみたいって言う人がいますが、実際のエサには到底かなわないし、メーカーさんがプロトタイプを何十個、何百個とつくりプロがテストし、努力によって作り上げられたもので、ワームには様々な技術が注がれていて、やはりそこに釣り人の技量がプラスされ初めて釣れるわけなので、エサみたい=釣れるというのは間違だと思います。

私はベイトでハードベイトをゴリゴリまいて釣れた時やビッグベイトにチェイスしてきた時には本当にうれしくて笑いが止まりません。つまんないなんてこれっぽちも思いませんけど、スピニングも釣れた時は同じくらいうれしいですけどね。楽しさははっきり言ってどちらもかわりません。

ものすごい独断と偏見で書いていきましたが、やはり釣りは人それぞれ。
タイキの哲学とは全く逆な感じになってしまいましたが、釣りは奥が深いというのはタイキと同意見だと思います。

今後ももっと釣りがうまくなるように楽しみながら頑張ります。

では。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
うまくなるにはやっぱりいろんなことを経験しないと。
バス以外の魚に本気で取り組んでみるのもいいと思うよ。

実はシーバスっていうのおもしろいのがあるんですがいかがですか?笑
オカモト 2009/10/06(Tue)00:50:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[12/08 Kusuda]
[12/04 nishiwaki]
[12/01 オカモト@iphone4S]
[11/15 オカモト]
[08/14 オカモト@携帯]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]