忍者ブログ
ここではGメンが独断と偏見で釣りの理論、釣具について思うことなど釣りに関することを書いていきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の続き!
次は魚との接点であるフックです。
今言ったとおりフックは魚との接点なわけです。
フックが錆びていたり曲がっていたりしたら当然本来の性能を発揮できるわけないですよね。
それにもしフックポイントが丸まっていたらもちろん刺さりも悪くなりバラしやすくなるわけです。
なんで錆びていたらフックを替える。丸まっていたら研いであげましょう!
ちなみにフックはもっとおもしろいです。
フックサイズを変えることでフローティングになったりスローフローティングになったりサスペンドになったりシンキングになったりします。
フックサイズが大きければバラしづらいですが、根がかりが多くなりフック同士も絡みやすくなります。
フックサイズが小さければ根がかりは少なくなりフック同士はからみにくくなりますが、バラしやすくなります。
フックの太さが太くなれば強くなりますが刺さりが悪くなります。
フックの太さが細くなれば弱くなりますが刺さりが良くなります。

そんなこといろいろ考えてフック選択をするともっと釣りが楽しくなるはずです

そして、自分がフックについて一番言いたいのはバーブレスフックの薦めです。
よくバーブレスフックってバレるからヤダ!ってのをたまに聞きます。
自分から言わせればその時点でその人は魚を釣るということしか考えてないわけです。(もちろんプロはそれが一番重要項目なので話は別かもしれないですが)
んじゃカエシ付きのフックで仮に投げるとき間違って人にフック刺しちゃったらどうすんの?ルアー呑まれてはずせなくなったらどうすんの?ってことです。もちろん人に刺さったら大変なことですがバーブレスなら被害最小限で済むのではないでしょうか?呑まれてもバーブレスの方がまだはずしやすいんじゃないですか?仮に呑まれてなくてもバーブレスの方が早く外せる=魚も元気なまま返せるってことですよね。
魚にも優しいわけです。
自分もバーブレスフックでの釣りを結構やってますがメチャバレるじゃん!なんて思ったことはありません。
ちゃんとラインテンションを保ってやればそんなばらすってことはないはずです。
もちろんバレる時はそりゃバレますよ。でもそんなのカエシ付いてたってばたすときはばらすんですから。そんだったら人にも優しく魚にも優しいバーブレス使いましょうよってことです。
人釣ったら大変なことです。でも魚はバラしてもまた釣ればいいじゃないですか。そんだけの話です。
 
それでもカエシ付きにこだわりますか?
バーブレス派オカモトの主張でしたm(__)m
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[12/08 Kusuda]
[12/04 nishiwaki]
[12/01 オカモト@iphone4S]
[11/15 オカモト]
[08/14 オカモト@携帯]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]